FC2ブログ

赤レンガパーク

赤レンガパークで“全国ふるさとフェア”の一環として豊橋の“手筒花火”が行われました。(ai)
20191102 AI ①DSC_0337.JPG20191102 AI ②DSC_0343.jpg20191102 AI ③DSC_0341.JPG
当日はラグビーW杯決勝戦が行われると言うことで桜木町駅前①には、これから決勝戦に向かうであろう外国人②が多くいました。②のおじさん、和服姿のご婦人を見つけすぐに国際親善を。
20191102 AI ④DSC_0411.JPG20191102 AI ⑤DSC_0412.JPG20191102 AI ⑥DSC_0402.jpg
薄暗くなった赤レンガ倉庫の上に月④が。手筒花火着火前に花火師達が勢揃い⑤、バックの大桟橋には“にっぽん丸”が寄港していました。その後デモンストレーションとして一本の手筒に着火⑥。
20191102 AI ⑦DSC_0453_01.jpg20191102 AI ⑧DSC_0454.jpg20191102 AI ⑨DSC_0455.jpg

20191102 AI ⑩DSC_0534.jpg20191102 AI ⑪DSC_0535.jpg20191102 AI ⑫DSC_0536.jpg

20191102 AI ⑬DSC_0576.jpg20191102 AI ⑭DSC_0577.jpg20191102 AI ⑮DSC_0578.jpg
手筒花火は二人一組で六組が行われました。⑦~⑮は、そのうちの3組の“ハネ”と呼ばれる最後の瞬間⑧⑪⑭と連写で撮ったその前(⑦⑩⑬)後(⑨⑫⑮)の様子です。ほんの一瞬でここまで絵として違うんですよね。ちなみにSは1/125秒(⑦~⑫)と1/60秒(⑬~⑮)です。
20191102 AI ⑯DSC_0660.JPG20191102 AI ⑰DSC_0685.JPG20191102 AI ⑱DSC_0707.JPG
花火が終わって象の鼻公園(先月皆さんと行ってヨサコイを見たところ)の様子⑯と赤レンガ倉庫周辺の様子⑰⑱を。
スポンサーサイト



kazuie34202
Posted bykazuie34202

Comments 6

There are no comments yet.

smallwoods  

赤レンガパーク

aiさん、今晩は。
赤レンガ倉庫での撮影お疲れさまでした。
手筒花火の開始まで2時間余の場所取りで、開始直前には足腰が結構きつかったです。
今回は、しっかり最後は「ハネ」まで写されていますね。私のよりはるかに綺麗にはまっています。
さすがに高速連写の威力ですね。私は低速の連写で撮ったせいで、今年はあまり綺麗には撮れていませんでした。
シャッタ速度は、3桁が良いのか2桁の方が良いのか、好き嫌いはありますね。
2桁の前半だとほとんど持ち手が写らないくらい火花が長くなってしまいました。
花火の後、ナイトイルミネーションを見に行かれたんですね。私は、横目で見ながら通り過ぎてしまいました。(-_-;)

2019/11/04 (Mon) 17:40

ai  

赤レンガパーク

smallwoodsさん、コメントありがとうございました。
30分のために2時間は確かに長かったように思いますがベストポジションを確保できたことでOKとしましょう。
我がカメラは秒間5枚程度で高速とまでは?
豊橋の手筒花火は今回で3回目ですが、前回までは2桁のシャッタースピードで撮っていました。今回はぜひ3桁で、と思って撮りました。どちらが良いのか、所詮好き嫌いですよね。
スマートイルミネーションは、年々????のような気がします。早々に引き上げました。

2019/11/05 (Tue) 08:29
kazuie34202

toshi  

赤レンガパーク

aiさんおはようございます。
それにしてもみなとみらいでは色々なイベントがあるのですね。
正面のよい位置とすぐわかりますが2時間前から陣取りをしないといけないとは長年の経験からでしょうが大変ですね。
⑦〜⑮で説明がよく理解できます。
⑧、⑫、⑭で筒の下部からも火が出て地面で跳ね返っているのでこれがハネと呼ばれるのではと手筒花火に疎い私でも推測いたします。ただ⑧の左側の花火では下部からの火花が見当たりませんがタイミングがずれているのでしょうか。
シャッター速度も以前の経験を活かされて3桁に新しく挑戦されているのですね。1/60は光跡が長く迫力がありますが確かに1/125の方が火花が美しく写っています。私は1/125の方が好きです。
ところで上下から火花が支えてに降りかかりますが大丈夫なのですか。

2019/11/05 (Tue) 11:03

ai  

赤レンガパーク

toshiさんコメントありがとうございました。
そうなんですよ。赤レンガ倉庫周辺では、いつもなにがしかのイベントをやっています。
昨年は1時間前に陣取って真横からの撮影でしたが、今年はなんとか正面のちょっと横くらいでした。この種イベントの撮影には最低1時間は仕方ないように思います。
二人並んでの花火ですが、そこは手作り、ハネる時間は微妙に違います。したがって⑧の場合右の人の場合はタイミングが合ったんですが左の人の時はタイミングが合わなく撮れなかったと言うことです。
シャッター速度による火の粉の長さは、人それぞれで好き嫌いかと思います。
花火師が火の粉、熱さ、爆音に耐えている姿が格好いいと言うことかと思います。
smallwoodsさんのブログには、もっともっと詳しく良い写真がたくさん出ていますのでご覧になってください。

2019/11/05 (Tue) 18:28
kazuie34202

haharazzi  

赤レンガパーク

前回に引き続き手筒花火の魅力を教えて貰いました。火の粉が夜空に舞い上がるファンタジックな魅力(前回と⑥)と炎が吹き出る手筒を持って試練に耐えているような魅力(⑦~⑮)とがありますね。全然別物のように思えます。試練に耐える方は露光時間が長い方がそれを感じます。はねがあると一層強調されて面白い。⑭など、気の毒だな~という気持ちも込めて共感を覚えます。
喧噪を離れ、④は詩情がありますね。

2019/11/06 (Wed) 06:23

ai  

赤レンガパーク

haharazziさん、コメントありがとうございました。
“試練に耐えている花火師”の表情を撮ることも今回のテーマでした。場所取りもなんとかとなり望遠の出番と思い私の持っている最大の望遠300mmで撮ったのが⑩~⑮です。赤レンガパークは広く、近いつもりでも結構遠かったようです。
昨年当ブログに同じ豊橋の手筒花火をアップしましたが、ハネの部分が撮れなかったんです。このハネを撮るのが、どうもカメ爺・婆の狙いのようです。
④はトワイライトブルーで私も好きですが、もう少し月が大きく避雷針?に近いと、と思うんですが。

2019/11/06 (Wed) 18:51

Leave a reply